生徒会.jpについて

生徒会.jpは、一般社団法人生徒会活動支援協会が運営しているサイトです。

目的

日本では戦後、民主主義の浸透をめざし各学校に生徒会がつくられましたが、現状は多くの学校において形骸化しているのが実態です。その背景には、生徒会活動そのものへの意識の低下に加え、生徒の意見が反映されにくい学校組織の体制、 学校や教員の生徒会に対する理解の乏しさ、地域や自治体による若者に対するエンパワーメントの不足など多くの事情があるように思います。

一方で世界に目を向けると、社会のあらゆる場面で、子ども・若者を意思決定に組み込むことは「若者政策」として世界的にも大きな流れとなっており、とくに 若者参画先進国では、生徒会をはじめありとあらゆる場面において成長に合わせた参画と教育の仕組みが用意されています。
当協会では、「18歳選挙権」の導入を契機に、“新しい生徒会”を広めていくことで「子ども・若者参画社会」の実現を目指していきたいと考えています。

法人概要

組織名 一般社団法人 生徒会活動支援協会
英語名 Supporting Association for Student Council Activity JAPAN
略称 SASCA(サスカ)
顧問
  • 鈴木  寛(文部科学大臣補佐官/東京大学 教授/慶応義塾大学 教授)
  • 小玉 重夫(日本シティズンシップフォーラム代表/東京大学 教育学部長)
  • 川上 和久(国際医療福祉大学 教授/一般財団法人青少年国際交流推進センター 理事長)
  • 長沼  豊(日本特別活動学会 会長/学習院大学 教授)
代表理事
運営組織 理事
  • 芳賀 達也
  • 吉水 隆太郎(早稲田大学/学生)
  • 小笠原 洋至(慶應義塾大学/学生)
運営委員
  • 上田 秀麿(一橋大学 大学院社会学研究科)
  • 猪股 大輝(早稲田大学 教育学部)
  • 栗本 拓幸(全国高校生徒会大会2017実行委員長/高校生)
  • 青木 憲伸(生徒シンポジウム2017実行委員長/高校生)
事業内容
  1. 生徒会間の連絡、交流のための会報等の発行の事業
  2. 生徒会間の相互扶助、親睦のための事業
  3. 関係諸団体との協力関係を増進するための事業
  4. その他、当法人の目的を達成するために必要な事業
  5. 前各号に掲げる事業に付帯又は関連する事業

各個人に関するプロフィールはJ-GLOBALから参照しています

一般社団法人 生徒会活動支援協会 としてめざすもの(2016年度)

  • 主権者教育としての「生徒会活動」の見直し
  • 「生徒会活動」の実態調査の実施
  • 日本版学校会議(学校協議会)の検討
  • 地域生徒会の構築と自治体の若者参画との連携推進
  • 全国生徒会の設置
  • アクティブラーニングとしての「生徒会」のプログラム実施
  • 生徒会役員・顧問等への研修と、生徒会コンサルタント養成
  • 生徒会役員経験者OB会の設立

20160917-pdf_2 20160917-pdf_1

生徒会活動支援協会リーフレット(PDF)はこちらからダウンロードください

支援事業

  • 生徒シンポジウム実行委員会・多摩生徒会協議会など生徒会の連盟組織に対するアドバイザリー
  • 日本生徒会機構における事務局業務
  • 各種団体における外部講習、プランニング補助

活動実績

  • 主権者教育としての新しい生徒会シンポジウム(パネリスト:鈴木寛 文部科学大臣補佐官・小玉重夫 東京大学教授・高橋亮平 中央大学特任准教授・西野偉彦 慶應義塾大学SFC研究所上席所員/2016年9月17日@東京大学)
  • スウェーデンにおける生徒会勉強会(講師:両角達平 ストックホルム大学大学院/2016年10月3日@東京大学)
  • 国内における生徒会勉強会(講師:喜多明人 早稲田大学教授/2017年1月27日@早稲田大学)

ご支援いただける賛助会員を募集!

一般社団法人生徒会活動支援協会では、活動を支えてくださる賛助会員を募集しています。お問い合わせフォームにて、賛助会員希望と書いてお送りください。こちらから登録用紙をメールもしくはFAXなどで送付させていただきます。必要書類、会費振込の確認が取れ次第、入会とさせていただきます。

賛助会費:一口 3,000円/年から

ご案内

サイトに掲載された内容は、公開時までに取材・収集した信頼できると思われる情報に基づいますが、その正確性・妥当性などについてサイト管理者及び情報提供者は責任を負いません。