生徒会.jp
  1. TOP
  2. 生徒会.jpについて
  3. 電子公告
  4. 2017年度総会決定集

2017年度総会決定集

定款第11条にもとづき2017年度定時総会を実施いたしました。

出欠者数 会員数●名に対し、実出席者数●名。

審議事項
第1号議案 2017年度事業計画案及び予算案承認の件
第2号議案 役員案承認の件

議長 荒井/書記 /議事録署名人

2017年度(2017年4月1日から 2018年3月31日まで) 事業計画

一般社団法人 生徒会活動支援協会

Ⅰ 事業実施の方針

1.生徒会活動に関する調査研究事業

(1)生徒会実態調査の実施

2016年度までに千葉市や多摩地域で行った調査を元に、今年度は「日本生徒会」でも協力いただいた文部科学省や校長会とも連携を図りながら、さらに大きな規模での実施を検討する。またその過程において、質問項目など、当事者である生徒会役員の高校生はもちろん、文部科学省・校長会、研究者なども巻き込んだ、検討会で準備を行う方法なども模索する。

(2)生徒会関連文献の収集・調査及び発信

2016年度に行った生徒会関連論文の把握をさらに整理し、生徒会に関するデータベース化を図るとともに、生徒会役員、顧問、教育関係者などにさらに分かりやすく発信する。

2.生徒会活動による生徒参画促進モデル構築事業

(1)主権者教育としての「新しい生徒会」の推進

2016年度に新たに示した18歳選挙権時代に求められる主権者教育としての「新しい生徒会」を示すと共に推進していくため、具体的な形として「日本生徒会」、「地域生徒会」、「学校会議」の推進を図ると共に、関係団体と連携した研修の実施などその発信と共有を行い、さらなる推進をめざす。

(2)「日本生徒会」の開催

2016年度に「日本生徒会機構」が実施した「日本生徒会」が本年度以降も継続して実施できるように仕組み化するとともに、「提言」内容が実現するよう各所に対して継続して働きかけを続ける。本年度「第2回日本生徒会」の開催を行うことで取組の推進を図る。

(3)日本生徒会機構の組織整備

生徒会の全国組織である「日本生徒会機構」が常設機関として機能するよう事務局として運営すると共に組織整備を行う。

(4)国際事業の立ち上げ

他国と同様の組織との交流、連携を図り、外部団体等のサポート体制を構築しながら、新たに「国際生徒会連盟 (International Student Council)」「アジア生徒会連盟」などを設置するための国際事業を立ち上げる。

3.生徒会を核にした地域活動による社会参画実践事業

(1)「地域生徒会」の実施

日本各地の生徒会団体等と連携し、各地域への提言作成及び要望を行う「地域生徒会」構築を目指し、本年度はそのモデルとして「神奈川県生徒会」、「東京都生徒会」の設置及び実施をめざす 。

4.生徒会活動支援のための研修及びコンサルティング事業

(1)「生徒会リーダー塾(仮)」宿泊研修の実施

本団体のめざす次世代リーダー育成と「新しい生徒会」を担う人材の育成と共に、「主権者教育としての新しい生徒会」の共感を広めることをめざし、松下政経塾での「生徒会リーダー塾(仮)」宿泊研修(約30名)を実施する。

(2)生徒会関連教育プログラムの開発および実施促進

アクティブラーニングとしての生徒会プログラムのほか、生徒会に関連するプログラムの開発および、既に開発されている「社会的意思決定学習〜生徒会予算の配分から考える主権者教育プログラム〜」などについても積極的に実践を促進していく。

5.生徒会活動支援のための会報等の発行事業

(1)「生徒会.jp リポート(仮)」の発行

各地の生徒会団体や様々な取り組みを取りまとめた会報を年2回発行する。電子媒体での発行を主軸としながらも、紙媒体での配布も行う。製作に当たって編集委員会を設置する。なお、有志の高校生を「高校生記者」として募集し、記事の執筆などを依頼する。

6.生徒会間の相互扶助および親睦事業

(1)「生徒会.jp」リニューアル及び運用

インターネットを用いた「生徒会.jp」の活性化のため、大幅なリニューアルを行う。また、各地の生徒会団体の活動を取材・紹介した記事、生徒会活動に関する調査・研究について掲載する。

7.関係諸団体との協力関係増進事業

(1)生徒会団体の支援

「全国高校生徒会大会(NSCC)」、「多摩生徒会協議会」、「首都圏高等学校生徒会連盟」、「生徒シンポジウム」など、各種団体に対して様々な側面から支援を行う。

8.その他、当法人の目的を達成するために必要な事業

(1)「生徒会役員OB・OG会(仮)」の設立

生徒会支援の基盤構築のほか、生徒会の社会的影響力を強化するための仕組みとして「生徒会役員OB・OG会(仮)」を設立する。まずは、各界生徒会経験者のリサーチを実施する。また、生徒会役員に対してOB・OG会の存在を周知し、生徒会役員引退後の同会への参加を促進する。

(2)表彰事業の実施

各校の生徒会活動・生徒会団体の発展のため、特に優秀と思われる活動に対して、生徒会活動賞など表彰を実施する。

2016年度会計報告

2017年度予算案

一般社団法人生徒会活動支援協会 役員

  • 理事長
    • 荒井 翔平
    • 高橋 亮平
    • 西野 偉彦
  • 常任理事
    • 芳賀 達也【新任/2016年度までは理事】
  • 理事
    • 小笠原 洋至
    • 栗本 拓幸【新任】
    • 吉水 隆太郎
  • 監事
    • 林 大介【新任】

任期:2017年4月1日~2019年3月31日
顧問及び運営委員については定款22条・25条に基づき理事会において別に定める

一般社団法人生徒会活動支援協会 運営委員

  • 運営委員
    • 青木 憲伸
    • 猪股 大輝
    • 上田 秀麿

任期:2017年4月1日~2018年3月31日
※本件は同日に開催した第1回理事会において決定した