1. TOP
  2. 記事
  3. コラム
  4. 2000年代の日本における生徒会団体の展開と課題

2000年代の日本における生徒会団体の展開と課題


日本における「生徒会」という教育システムは,以前のコラム“「生徒会」のルーツを探れ”で触れたとおり,戦後導入されたものですが,複数校の生徒会が集まる生徒会団体もまた「生徒会」導入直後から各地で結成されていました.1950年代以降逆コースの政策が取られる中で,多くの生徒会団体は様々な思想的影響を各方面から受け,時には政治運動の先頭に立って活動を行うこともありました.こうした中,1960年12月に文部省初等中等教育局長通達「高等学校生徒会の連合的な組織について」が出され,複数校にまたがった生徒会団体の結成やそれに参加することが実質的に禁止されます.この通達以前に隆盛を誇っていた生徒会団体は相次いで活動を休止し,高校紛争を経て生徒会団体の活動は一層下火になっていきました.地域的には10校程度の参加校を集め意見交換を行なう団体が,高校紛争後も断続的に複数確認されていますが,1950年代の生徒会団体の規模と比べると見劣りする感は否めません.

全国生徒会大会2013の閉会式での集合写真

しかし,2000年代,特に携帯電話やスマートフォンが中高生に普及して以降,活動規模が飛躍的に拡大し,ついには全国規模で生徒会活動について議論するイベント(全国高校生徒会大会)の開催に至るまでになりました.近年は地域ごとの生徒会団体が各地に設立され,生徒会団体の活動が次第に盛り上がりを見せています.本稿ではその発展過程を辿っていきます.

一般社団法人生徒会活動支援協会運営委員。現在、早稲田大学教育学部に在学。生徒会大会(首都圏)を企画、生徒シンポジウム実行委員や全国高校生徒会大会実行委員などを歴任。