1. TOP
  2. 記事
  3. トピックス
  4. 図書ネット交流会in工学院が開催!

図書ネット交流会in工学院が開催!


グループワークの説明を熱心に聴く参加者

グループワークの説明を熱心に聴く参加者

2015年5月16日(土)、工学院大学附属高等学校(東京・八王子市)にて図書委員会ネットワーク交流会が開催されました。このネットワークは、首都圏を中心とした中学・高校の図書委員会が集まって、議論・企画を行うために企画されたものです。今回は、 10名程度が参加し、交流を行いました。自校が持っている図書委員会の問題点と、他校の活動を融合させることによって、新たな課題や活動の発見、また他校との交流により参加校の活動が活発化することを目的に行ったものです。

はじめに参加者の自己紹介から始まり、活動紹介と現在の活動における問題点についての議論が行われました。小グループで議論したあとは全体に発表して共有します。今回の議論では、どうやって図書館への来館者数を増やすかや、委員の連携を強化するべきなどの問題点が提示されました。

グループワークの結果をプレゼン

グループワークの結果をプレゼン

今回の議論では、その場で様々な意見を交わすのはもちろんですが、話し合いを通して見つかった問題点を、学校内の図書委員会で話し合ってもらうのが目的とのこと。

紹介POPの作成

紹介POPの作成

議論の後はおすすめ図書のPOP作成大会が開催。会場の図書館内にある本の中から自分のおすすめの図書を探し、POPを作成します。制限時間は本探しを含めて1時間!時間内にいかに工夫を凝らし、おすすめポイントを周囲に伝えることができるかが勝負の鍵になります。
POPが完成したら、自分がPOPを作る上で工夫した点、他の人のPOPの優れている点を考え、話し合いながら小グループ内での優秀作品を選びます。

優秀作品として選ばれた人が全体にPOPの工夫とその本の良さをプレゼン。投票の結果、惜しくも準グランプリに輝いたのが工学院大学附属高校1年、岡敦也くんの作品です!

準グランプリ作品

準グランプリ作品

そして、見事グランプリに輝いたのは、工学院大学附属高校2年のペンネーム:赤司紅輝さんの作品。参加者からは「色の重なり合いがいい!」「絵などそれぞれの配置が好き」などの意見が挙がりました。大会終了後、懇親会を行い交流会は終了しました。今回の交流会は、図書委員としての活動を見つめ直し、楽しみながら図書と触れ合う会となりました。

グランプリ作品(1)

グランプリ作品(全景)

次回開催は7月を計画しているとのこと。お楽しみに!