3月の全国高校生徒会大会後に行われた「第1回日本生徒会」。このイベントで参加者は生徒会の代表者として、文部科学省・校長会などに提言書を提出しました。今後どのような生徒会を作っていくべきなのか実現に向けて検討を重ねていくとのことです。

具体的な提言の内容とは

今回提出された提言書は、背景・目指すもの・提言の2項目で成り立っています。現状を認識した上で、つぎに何をするべきなのかを集約しています。本提言書の内容については、実行委員長の栗本拓幸さん(浅野・高3)から頂戴いたしました。また、掲載している内容は、原文から抜粋して掲載しています。

1. 提言の背景

私たち日本生徒会参加者一同は、生徒会活動に可能性を感じています。それは学校生活の様々な点を生徒の手で自ら変える事ができるからです。そして、日々の生徒会活動を通じて活発にしようと努力を重ねてきました。しかし学校生活をより良いものにしようと活動を行うなかで多くの課題を感じていることもまた事実です

私たちは、全国の高校生の生徒会役員との議論を通じて、上記の課題が全国各地の生徒会に共通する事柄であることを認識しました。本提言書では、私たちが理想とする生徒会像を考え、現状の生徒会を理想の生徒会に近づけるための提言をまとめました。本提言書をもとに、日本全国の生徒会がより活発に活動することができるようになることを望みます。

2. 我々が目指す生徒会

私たちが目指す生徒会は以下の様な生徒会です。

3. 提言

私たち日本生徒会参加者一同は、「我々が目指す生徒会」を達成するために以下の項目の実現を提言します。

生徒会組織は、これまで活動のマンネリ化や組織の形骸化など、問題意識があったものの改善されないままでした。今後、日本における生徒会をレベルアップできるような取り組みに期待したいと考えます。

【文】荒井 翔平/一般社団法人生徒会活動支援協会理事長