1. TOP
  2. 記事
  3. トピックス
  4. 今回は文化祭実行委員会!<集まれ文実!>

今回は文化祭実行委員会!<集まれ文実!>


12月14日(日)に都内の学校にて第2回集まれ文実!が行われました。集まれ文実!とは、他校のノウハウを共有したり、アイデアを聞いたりして自分たちの学校の文化祭をよりよいものへと変え、理想の文化祭を見つけていくために2014年4月29日に設立された組織です。

第2回となる今回は首都圏にある高校約50校から110人ほど集まりました。参加者は高校1年生が最も多く、中には中学3年生の人もいました。参加者は15個の議題に分かれて話し合いました。15個の議題は以下の通りです。

IMG_1505

 

  • 会議をどのように利用できたか
  • 生徒会と文実について
  • 文化祭実行委員長の理想像
  • 理想の文化祭
  • 会場裏方・設営
  • 広報 〜ターゲットとする年齢とアプローチ方法〜
  • 文化祭の意義
  • 実践できる広報IMG_1483
  • 文化祭と生徒会の関係
  • まとめる者としてのメンバーの引っ張り方
  • イベント・ステージ・中後夜祭
  • 校内イベンド
  • 食品販売
  • 展示・発表団体のクオリティを上げるには
  • オリジナリティとクオリティに溢れた装飾

 

この中で、人気だったのは「広報〜ターゲットとする年齢とアプローチ方法〜」と「イベント・ステージ・中後夜祭」でした。もちろんこの2つ以外の議題も盛り上がっていました。各議長はアイスブレイクの後、ホワイトボードやポストイットや模造紙などを使ってそれぞれの方法で話し合っていました。また、参加者が自分の学校の文化祭のパンフレットを持ってきていたので、その比較なども行っていました。どの議題でも静かになることなく盛り上がっていました。

各議題で話し合った結果は、ネットで公表されます。現在報告書を作成中とのことです。掲載されるまでお楽しみにお待ちください!

※参考までに第1回の報告書のURLを掲載します。

http://atsumare.web.fc2.com/about/ – Report

 

一番苦労したのは参加者の募集、とのことです。というのも、12月のこの時期ではほとんどの学校で文化祭が終わっているので、熱が冷めてしまっているからです。そのため、運営や議長の学校でのチラシ・パンフレットの配布や郵送、さらには公式HPの開設やFacebook、twitterなどのSNSを利用して宣伝をした、とのことです。また、多くの人が参加できるように東京の学校で開催した、とのことです。

第2回の実行委員会は第1回に参加して興味を持った人が第1回の終了後に集まって結成されました。総勢13名です。今後は文化祭の前後に開催したい(年2回)とのことです。また、他校の文実と話を聞ける数少ない場なので積極的に参加して、自校のことを発信したり、他校のことを吸収して欲しい、とのことです。

 

最後に…

今まで取り上げていた団体はほとんど生徒会同士の交流が目的だったので文化祭実行委員会の意見交換の場があることに驚きました。今回見学してみて、生徒会同士の交流と同じくらいか、それ以上に熱気に溢れていました。参加者の、文化祭に対する思いは本当に強いのだな、と感じました。今後は、このような団体が首都圏だけでなく全国に広がってほしいと思います。

DSC01329