一般社団法人生徒会活動支援協会(理事長:荒井翔平/西野偉彦)では、11月11日に早稲田大学戸山キャンパスにて、生徒会団体の運営に参画する役員を中心に対象とした「生徒会団体シンポジウム」を開催いたします。これは、今後の生徒会団体の運営方法の改善、情報交換、地域を超えた団体同士の交流をきっかけに各団体の活動に対するモチベーションが増しより活動的な団体運営を目指すことを目的として、神奈川県高校生徒会会議及びさいたま生徒会連合と共催する形で開催いたします。

今回の企画内容

パネルディスカッション

今回のイベントにおいては、パネルディスカッションを行い、生徒会の仕事が今どのように役立っているのか、代表時代の理念、代表として生徒会人生で行ってきたことなどに振れながら、生徒会団体が持つ意味を考えていきます。

【パネラー(50音順)】

生徒会団体の現状説明

午後の生徒会団体現状説明においては、日本における生徒会活動の現状、生徒会ネットワーク組織の沿革と現状の説明を協会の栗本が行う予定です。

「生徒会団体シンポジウム」開催概要

日程

2018年11月11日(日)

会場

早稲田大学戸山キャンパス 33号館3階 333教室
※戸山キャンパス正門から33号館までお越しください

スケジュール

(スケジュールや企画内容は会場や各種事情により変更する可能性があります)

申し込み

特設フォームからお申し込みください(個人情報管理に関する規定は神奈川県高校生徒会会議の個人情報取り扱いルールによります)

共催

神奈川県高校生徒会会議・さいたま生徒会連合・一般社団法人生徒会活動支援協会