生徒会.jp
  1. TOP
  2. お知らせ
  3. 協会理事長 荒井がJ-CEFのディスカッションファシリテーターを務めます(10/27)

協会理事長 荒井がJ-CEFのディスカッションファシリテーターを務めます(10/27)


生徒会活動支援協会の荒井が、10月27日に東京大学本郷キャンパスにて開催される、日本シティズンシップ教育フォーラムの「TOKYOスタディ・スタヂオ」において、ディスカッションファリシテータを務めます。これまで、生徒会活動支援協会での取り組みを交えながら、情報の扱い方・使い方などを議論していきたいと考えております。会場などの詳細については、以下をご覧ください。

「学校図書館・公共図書館とシティズンシップ教育」

シティズンシップ教育において、近年「情報リテラシー教育」や「メディアリテラシー教育」が注目されています。
正しい情報を取捨選択すること、メディアの発信した情報の意図を汲み取ることは、いずれも主権者として必要不可欠なスキルですが、大人側が単に「情報を正しく判断しなさい」と伝えるだけではなかなか身に付きません。司書教諭であり国語の先生でもある有山先生が、中高校生を対象にどのようなアプローチをされているのか、授業体験を交えながらレクチャーしていただきます。

また授業にとどまらず、市民性育成においてこれから「学校図書館」が担うべき役割について、そして学校の枠を超えて地域の「公共図書館」が果たす役割や機能についてなど、幅広く「図書館×シティズンシップ教育」というテーマで議論を深めていきたいと思います。

学校図書館や公共図書館などに関心がある方、情報教育、メディアリテラシー教育に関心がある方など、お気軽にご参加いただけますと幸いです。

【テーマ】
「学校図書館・公共図書館とシティズンシップ教育」

【当日の流れ(変更になる可能性があります)】
■趣旨説明/参加者同士の自己紹介(15分)

■第1部 「学校図書館とシティズンシップ教育」(70分)
・有山先生から話題提供①(工学院大学附属中学・高等学校での実践を中心に)(30分)
・授業体験ワークショップ(25分)
・質疑応答・リフレクション(15分)

■休憩(10分)

■第2部 「シティズンシップ教育において学校図書館
・公共図書館が果たす役割とは?」(50分)
・有山先生から話題提供②(学校図書館・公共図書館を取り巻く状況などについて)(20分)
・参加者によるディスカッション「シティズンシップ教育において学校図書館・公共図書館が果たす役割とは?」(30分)

■まとめ/次回(vol.5)の開催について(5分)

【参考文献】
● 猪谷 千香(2019)『その情報はどこから? ーネット時代の情報選別力』(ちくまプリマー新書)
https://www.amazon.co.jp/dp/B07PHQR9M1/ref=cm_sw_r_cp_awdb_c_ND9LDbXRB8RYV

● 坂本旬(2018)『学校図書館とオンライン情報評価能力の育成 ー法政大学第二中学校における実践からー』
https://ci.nii.ac.jp/naid/120006478479/

*事前の通読は特に必須ではありませんが、関心のある方は事前にお目通し頂くと理解が深まります。

【話題提供者】
有山裕美子さん(工学院大学附属中学・高等学校)
✳︎ ファシリテーター進行等:荒井 翔平さん(特定非営利活動法人Rights理事、一般社団法人生徒会活動支援協会理事長)

投稿者プロフィール

荒井 翔平
荒井 翔平
1991年東京都生まれ。東京都市大学環境情報学部環境情報学科卒業。一般社団法人生徒会活動支援協会理事長、一般財団法人国際交流機構理事、私立大学環境保全協議会運営委員などを務める。2009年に生徒会活動支援協会を立ち上げ、生徒会活動に関わる様々な支援に取り組む。2010年に幅広い分野で社会的活動を行う、一般社団法人日本学生会議所を設立。